SONY

【今週のリリース】2017/4/26~5/2 Anly、ClariS、CHiCO with HoneyWorks、HARUHI、宮本笑里 、Michel Legrand、太田裕美など

今週(2017/4/26~2017/5/2)はAnlyの1stアルバム『anly one』、ClariSの最新シングル『ヒトリゴト』、CHiCO with HoneyWorksの6枚目のシングル『今日もサクラ舞う暁に』、HARUHIのセルフプロデュースシングル『ソラのパレード』、宮本笑里のデビュー10周年アルバム『amour』、Michel Legrandの生誕85周年特別企画アルバム『Concerto pour piano, Concerto pour violoncelle』、太田裕美のオリジナルベスト盤『70’s~80’sシングルA面コレクション』などがラインナップに加わりました。

Anly / 『anly one』

沖縄の離島・伊江島出身20歳シンガーソングライターAnlyの1stアルバム『anly one』がリリースされました。

スキマスイッチとの異色コラボ曲として話題となり、各主要配信サイトにて1位を記録したロングランヒット曲「この闇を照らす光のむこうに」や人気アニメ『NARUTO ナルト疾風伝』のオープニングテーマの「カラノココロ」、ドラマ『サイレーン刑事×彼女×完全悪女』の主題歌となったデビューシングル「太陽に笑え」等話題の楽曲群を含む全14曲を収録した今作。

新曲『FIRE』は本人出演の『JTA日本トランスオーシャン航空』のTVCM楽曲として起用されています。デビューシングル「太陽に笑え」同様、根岸孝旨をサウンドプロデューサーに迎え、大空が舞台のCMにピッタリなスケールの大きなROCKに仕上がりました。

ClariS / 『ヒトリゴト』

クララとカレンからなる正体不明の女の子2人組ユニットClariSの『ヒトリゴト』がリリースされました。

表題曲はTVアニメ『エロマンガ先生』のオープニングテーマ。アニメはClariSのデビュー曲「irony」がオープニングテーマにもなっていたTVアニメ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の制作陣と同じ、伏見つかさ作×かんざきひろイラスト×A-1Picturesが手掛けている話題の作品です。

ミュージックビデオでは、今までヴェールに隠されていた“クララ”と“カレン”の2人がついに初登場。キュートでキレの良いダンスはファン必見の作品となっています。

CHiCO with HoneyWorks / 『今日もサクラ舞う暁に』

『サマーソニック2016(東京)』への出演も果たしたCHiCO with HoneyWorksの6枚目のシングル『今日もサクラ舞う暁に』がリリースされました。

「今日もサクラ舞う暁に」は、テレビ東京系アニメ『銀魂~よりぬけ!銀魂さん~』オープニングテーマに抜擢。

テレビ東京系アニメ『銀魂゜』の第2クールオープニングテーマに大抜擢された3rdシングル「プライド革命」から1年8ヵ月、「銀魂」と2回目のタッグとなる期待大の本作をぜひハイレゾ音源でお楽しみください。

HARUHI / 『ソラのパレード』

HARUHIのセルフプロデュースによる最新シングル『ソラのパレード』がリリースされました。

「ソラのパレード」は『GRANBLUE FANTASY The Animation』のエンディングテーマとなっており、空に向かって旅を続けていく前向きなイメージと同時に、表と裏を意味するような、2つの世界を表現した18歳のHARUHI書き下ろしによる新曲。

カップリングにも書き下ろしの新曲「Nightmare」を収録。Joss Stoneの「Landlord」のカヴァー、Ella Fitzgerald やAmy Winehouseも歌ったJAZZのスタンダードナンバー「ROUND MIDNIGHT」のカヴァーを含んだ全4曲が収録されています。

宮本笑里 / 『amour』

宮本笑里のデビュー10周年アルバム『amour』がリリースされました。

今作では自身初となるセルフ・プロデュースを手がけ、前作『birth』で評価された表現力や音色をさらに研ぎ澄まし、「アーティスト」宮本笑里を確立するアイテムを制作。アルバムタイトル「amour」は、宮本自身が10年の魂の音楽活動を振り返り、プライベートでも結婚・出産を経て、心に去来した言葉を一言で表現したもの。

この10年間でご縁を得た豪華ゲスト陣との共演が実現。民放各種音楽番組共演で仲の良いMay J.や世界的フラメンコギタリスト沖仁との密度の濃いコラボレーションなど、これまでにない絢爛な楽曲が満載となっています。

Michel Legrand / 『Concerto pour piano, Concerto pour violoncelle』

Michel Legrandの生誕85周年特別企画アルバム『Concerto pour piano, Concerto pour violoncelle』がリリースされました。

フランスの映画音楽界の巨匠にして、名ジャズ・ピアニスト、Michel Legrandの最新作は、初の本格的クラシック・レコーディング。

精力的に活動を続けるLegrandが、晩年に取り組んだ大きな仕事がクラシック技法を駆使した新作協奏曲2曲。本作は2016年9月、パリで最新録音したもので、ジャズや映画音楽のテイストと現代音楽の技法が織り交ざり、色彩感溢れる洒脱で快活でモダンな新たなLegrandの世界が広がる意欲作となりました。

太田裕美 / 『70’s~80’sシングルA面コレクション』

太田裕美の70年代から80年代に発表されたシングル全A面曲をまとめた配信のみのオリジナルベスト盤『70’s~80’sシングルA面コレクション』がハイレゾ音源で登場です。

今作は配信のために編集されたベスト盤で、1974年から10年間にわたるシングルA面曲を発売順に網羅。この時代を彩った「雨だれ」「木綿のハンカチーフ」「赤いハイヒール」「九月の雨」「さらばシベリア鉄道」といった大ヒット曲が配信されるのは今回が初めてとなります。

さらにファンの間で人気の高い4枚のオリジナル・アルバム、75年発売『心が風邪をひいた日』、76年発売『12ページの詩集』、77年発売『こけてぃっしゆ』、78年発売『ELEGANCE』も同時に配信。アナログ・マスターから新たにリマスタリングを施しハイレゾ化したアルバムとベスト盤で、太田裕美唯一無二のキュートな声の魅力とナチュラルなサウンドをお楽しみください。