SONY

【今週のリリース】2017/7/26~8/1 電気グルーヴ、MISIA、HARUHI、JUNHO (From 2PM)、雨宮天、PSYCHEDELIXなど

今週(2017/7/26~2017/8/1)は電気グルーヴの2008年~2017年までの傑作集『DENKI GROOVE DECADE 2008~2017』、MISIAの初のSoul Jazzアルバム『MISIA SOUL JAZZ SESSION』、HARUHIの1stアルバム『INSIDE OUT』、JUNHO (From 2PM)のソロミニアルバム第5弾『2017 S/S(初回生産限定盤B)』、雨宮天の最新シングル『irodori』、PSYCHEDELIXの『PSYCHEDELIX -revisited-』などがラインナップに加わりました。

電気グルーヴ/ 『DENKI GROOVE DECADE 2008~2017』

電気グルーヴの『DENKI GROOVE DECADE 2008~2017』がリリースしました。

2008年リリースの『J-POP』から、2017年の最新作『TROPICAL LOVE』まで4枚のフルアルバムと2枚のミニアルバム、5枚のシングルから厳選された楽曲にライブ音源を加えた、珠玉の14曲を収録。

全曲をリマスタリングし、電気グルーヴの“今”が浮かび上がる傑作集が完成しました。

MISIA/ 『MISIA SOUL JAZZ SESSION』

MISIAの『MISIA SOUL JAZZ SESSION』がリリースされました。

日本人としてはじめてUSブルーノートとの契約を結ぶトランペッター黒田卓也をむかえ制作されたMISIA初のSoul Jazzアルバム。

世界的ミュージシャンとともに収録されたMISIA代表曲のセルフカバーを中心に、「最後の夜汽車」(甲斐バンドカバー)や、新曲も収録。デビュー20周年を迎えるMISIAのソウルフルな歌声を堪能できる1枚となっています。

HARUHI / 『INSIDE OUT』

『ひずみ』で鮮烈にデビューした規格外の18歳・HARUHIの1stアルバム『INSIDE OUT』がリリースされました。

映像クリエーターとコラボを重ねた数々のタイアップシングルはもちろん、一瞬で惹きこまれる圧倒的な声、類まれなる狂気と洋楽センスを有するHARUHIの最新書き下ろし楽曲、そして小林武史との共作による超名曲「Don’t let me go」も収録。

言語、性別、年齢、J-POPとオルタナティブといった、あらゆる境界を越えてくるボーダレスなセンス、脅威の才能が傑出した珠玉のHARUHIワールドをお楽しみください。

JUNHO (From 2PM) / 『2017 S/S(初回生産限定盤B)』

JUNHO (From 2PM)の放つソロミニアルバム第5弾『2017 S/S(初回生産限定盤B)』がリリースされました。

2013年から毎年夏にソロプロジェクトを手掛けてきたJUNHOが今年もいよいよ始動。ヴィジュアルコンセプトを“軽快な、明るい、カラフルさ”をテーマにした今作。

アルバムリード曲「Ice Cream」は明るく軽やかな夏をイメージしながら、JUNHOの魅力をアイスクリームのトッピングに重ねたポップチューンで、一度聴いたら頭から離れないサビに合わせたキュートなダンスもミュージックビデオで披露しています。

雨宮天 / 『irodori』

声優ユニット”TrySail”としても活動中、雨宮天の『irodori』がリリースされました。

TrySailとしては破竹の勢いでヒットを連発、7月9日には初の横浜アリーナライブで大成功をおさめた雨宮天。声優アーティストとして定評のあるクールビューティーが放つ新作は、歌謡ジャズテイストをふんだんに感じさせる楽曲。

青をテーマカラーとしてきた彼女の「赤」の異色のアートワークなど、新しいチャレンジをみせる渾身の1枚が完成しました。

PSYCHEDELIX / 『PSYCHEDELIX -revisited-』

Edoya Records revisited series第4弾、PSYCHEDELIXの『PSYCHEDELIX -revisited-』がリリースされました。

ソロでのライブ・ユニット”Char & The Psychedelix”の発展形として、バンドとしてフォームされたPSYCHEDELIX。

代表曲「MOVE ON」を含む、洗練されたモダン・ロックを確立した1992年5月に発売されたファースト・アルバム『PSYCHEDELIX -revisited-』を含む4タイトルを最新リマスタリング。ぜひハイレゾ音源でお楽しみください。