SONY

【今週のリリース】2018/4/19~4/25 宇多田ヒカル、角松 敏生、スーパーカー、Aqua Timezなど

今週(2018/4/19~2018/4/25)は、宇多田ヒカルの配信限定シングル『Play A Love Song』、角松 敏生のニューアルバム『Breath From The Season 2018 ~Tribute to TOKYO ENSEMBLE LAB~』、スーパーカーのベストアルバム『PERMAFROST』、Aqua Timezのニューアルバム『二重螺旋のまさゆめ』などがラインナップに加わりました。

宇多田ヒカル / 『Play A Love Song』

宇多田ヒカルが配信限定シングル『Play A Love Song』をリリースしました。

今年デビュー20周年を迎える宇多田ヒカル。
2010年に「人間活動」を宣言し一時活動休止期間に入り、2016年4月にアーティスト活動を本格始動。

2018年第一弾の今作は「サントリー 南アルプススパークリング」CMソング に起用されています。

今回はなんと雪山での撮影。商品が、炭酸水ということで新たに、「サントリー 南アルプススパークリング」のボトルにも描かれているような、雪山や一面に広がる大雪原という大自然を舞台に、炭酸水のもつキリッととする刺激感、心地よい爽快感などを、大自然に重ね、心象風景を描きながら、撮影が進みました。

また、楽曲に関して本人は、「歌詞がまだ断片的にしかなかった中、撮影中に「長い冬が終わる瞬間」という言葉が出てきました。撮影現場が極寒の地だったからこそ、その先にある、長い冬が終わる瞬間に思いを馳せられました。」とコメントしています。

角松 敏生/ 『Breath From The Season 2018 ~Tribute to TOKYO ENSEMBLE LAB~』

角松 敏生がニューアルバム『Breath From The Season 2018 ~Tribute to TOKYO ENSEMBLE LAB~』をリリースしました。

シンガー・ソングライター、音楽プロデューサーとして活動する一方、80~90年代にインストゥルメンタル・アルバムもリリースするなどギタリストとしての評価も高い角松敏生。

2018年角松は、ビッグバンドとのコラボレーションアルバムに挑みました。30年前に角松がプロデュースを手掛けたビッグバンド「Tokyo Ensemble Lab」に敬意を表し、大編成の管楽器主体のアレンジをメインに施したアルバムです。当時も収録されていた「Lady Ocean」や「Morning After Lady」は、リアレンジされ楽曲が持つ魅力を一層引き立てており、ビッグバンドアレンジにより生まれ変わった角松楽曲を収録した『Breath From The Season 2018』は聴き応え十分の新作となっています。

角松の声や楽曲の魅力を最大限に活かしたアーバンジャズアルバムに仕上がりました。

スーパーカー / 『PERMAFROST』

スーパーカーがベストアルバム『PERMAFROST』をリリースしました。

音楽シーンにおいて90年代を代表するバンド、スーパーカー。

天性のポップセンスと卓越したソングライティング、そして斬新な言語感覚を持ち、バンドサウンドにエレクトロテイストを取り入れるなど実験的な試みをしながら、アルバムをリリースするごとに飛躍的な変化を遂げて行ったスーパーカー。2005年2月26日のラストライブをもって解散。2017年9月にデビュー20周年を迎え、彼らの初となるALL TIME BESTが発売されました。

収録曲はデビューからの全シングルと1999年に発売された企画アルバム「OOKeah!!」より「Flicker」と「OOYeah!!」より「BE」、2002年に公開された映画『ピンポン』サントラより「Free Your Soul」、テレビアニメーション『交響詩篇エウレカセブン』挿入曲で彼らの代表曲の一つでもある「STORYWRITER」を収録した20周年に相応しい全20曲を収録。マスタリングはSTERLING SOUNDの巨匠Ted Jensenが担当しています。

Aqua Timez / 『二重螺旋のまさゆめ』

Aqua Timezがニューアルバム『二重螺旋のまさゆめ』をリリースしました。

今作に収録される『たかが100年の』がPS4ゲームソフト「グランクレスト戦記」主題歌に起用が決定。Aqua Timezが「グランクレスト戦記」の壮大でファンタスティックな世界観を追求して書き下ろした、ハードでメロディアスなロックナンバーに仕上がりました。

また、「未来少女」は、Aqua Timezらしい魅力が詰まった、桜の季節にぴったりのバラード曲で、ファンを中心にSNS上で話題となっています。MVはまるでゲーム世界のようなファンタジー感あふれるイラストを手掛けたのは、分業制の絵本「えんとつ町のプペル」でメインイラストレーターを担当したことでも知られる、六七質(むなしち)。楽曲のイメージをもとにその緻密で壮大な世界観を描き上げるのに、丸1年の月日を要しました。


Aqua Timezと六七質のコラボによって誕生した、空想の街並みを舞台に描かれる、心温まるストーリーを是非ご覧ください。