SONY
chatmonchie_tokimeki

チャットモンチー

ときめき / 隣の女

2015.3.4 ¥1,200(税込)

M-1「ときめき」、M-2「隣の女」は、NEVEのコンソールを使用して録音~トラックダウンされたダイナミックなバンドサウンドを、山崎氏が忠実にマスタリング。

またアブストラクトな再構築となったM-3「Last Love Letter (Koji Nakamura Remix)」は、ぴんと張り詰めた、空気の中で歌詞が迫ってくる様なサウンドを、より高解像度で味わえます。

【使用マスター】オリジナルマスター
【マスタリング年】2015年

【トラックダウンエンジニア】小野寺伯文 (M-1~M-2), 渡辺省二郎 (M-3)
【トラックダウンスタジオ】STUDIO GREENBIRD (M-1~M-2), 音響ハウス (M-3)

【マスタリングエンジニア】山崎 翼
【マスタリングスタジオ】Bernie Grundman Mastering Tokyo

<収録内容>
デビュー10周年を迎える2015年第一弾リリースは、福岡晃子とユニット(忘れちゃいなよバド部)を組んでいる世武裕子(Piano, Synthesizer)、そして北野愛子(Dr. / DQS, nelca / ex. your gold, my pink)の2名をサポートに迎えた全員女性という通称「乙女団」という 新編成でレコーディングされた両A面シングル。
M-1 「ときめき」は、「いつだって恋がしたいよ あなた以外と」という歌詞が印象的な、「染まるよ」を彷彿とさせるミディアムナンバー。
M-2「隣の女」は、ピアノと強烈にグルーヴしていくチャットモンチーらしさ満点のバンドサウンドが聴きどころとなっている。
今回2曲とも福岡晃子による作詞となっている。

カップリング M-3には、ナカコーことKoji Nakamuraがリミックスを手がけた「Last Love Letter」が収録される。こちらもピアノを使用したアブストラクトな再構築だが、歌詞の迫り方が尋常ではない白眉の仕上がりとなっている。

===========================
音の楽しみ方がどんどん多様化して、面白い!
映画音楽もハイレゾのほうが似合うものがありそうだし、
オーケストラのような壮大な音楽の距離感などもヘッドホンでも楽しめそう!

個人的には、アナログレコーディングの良さを再認識できるとも思いました。

デジタルレコーディング世代の自分にはハイレゾにむけての音作りに今後の課題も残るけれど、
単純に音を伝える媒体が増えるということは嬉しいです。

チャットモンチー福岡晃子
===========================

M-1「ときめき」、M-2「隣の女」は、NEVEのコンソールを使用して録音~トラックダウンされたダイナミックなバンドサウンドを、山崎氏が忠実にマスタリング。

またアブストラクトな再構築となったM-3「Last Love Letter (Koji Nakamura Remix)」は、ぴんと張り詰めた、空気の中で歌詞が迫ってくる様なサウンドを、より高解像度で味わえます。

【使用マスター】オリジナルマスター
【マスタリング年】2015年

【トラックダウンエンジニア】小野寺伯文 (M-1~M-2), 渡辺省二郎 (M-3)
【トラックダウンスタジオ】STUDIO GREENBIRD (M-1~M-2), 音響ハウス (M-3)

【マスタリングエンジニア】山崎 翼
【マスタリングスタジオ】Bernie Grundman Mastering Tokyo

<収録内容>
デビュー10周年を迎える2015年第一弾リリースは、福岡晃子とユニット(忘れちゃいなよバド部)を組んでいる世武裕子(Piano, Synthesizer)、そして北野愛子(Dr. / DQS, nelca / ex. your gold, my pink)の2名をサポートに迎えた全員女性という通称「乙女団」という 新編成でレコーディングされた両A面シングル。
M-1 「ときめき」は、「いつだって恋がしたいよ あなた以外と」という歌詞が印象的な、「染まるよ」を彷彿とさせるミディアムナンバー。
M-2「隣の女」は、ピアノと強烈にグルーヴしていくチャットモンチーらしさ満点のバンドサウンドが聴きどころとなっている。
今回2曲とも福岡晃子による作詞となっている。

カップリング M-3には、ナカコーことKoji Nakamuraがリミックスを手がけた「Last Love Letter」が収録される。こちらもピアノを使用したアブストラクトな再構築だが、歌詞の迫り方が尋常ではない白眉の仕上がりとなっている。

===========================
音の楽しみ方がどんどん多様化して、面白い!
映画音楽もハイレゾのほうが似合うものがありそうだし、
オーケストラのような壮大な音楽の距離感などもヘッドホンでも楽しめそう!

個人的には、アナログレコーディングの良さを再認識できるとも思いました。

デジタルレコーディング世代の自分にはハイレゾにむけての音作りに今後の課題も残るけれど、
単純に音を伝える媒体が増えるということは嬉しいです。

チャットモンチー福岡晃子
===========================