SONY
kawamurahisako-rachmaninoff

河村 尚子

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番&チェロ・ソナタ

2014.9.24 ¥3,200(税込)

■河村尚子・その10年の歩みが結実した、ラフマニノフ・アルバム
河村尚子のRCA Red Sealからの4枚目の、そして初の大曲コンチェルト録音を含むアニヴァーサリー盤の登場です。
2004年11月に小林研一郎指揮東京フィルとの共演で日本デビューして以来、この10年は河村がその音楽を開花させ、育ててきた『最初の10年』でした。
その密度の濃い10年の演奏経験の集大成にして、ピアニストとしての最も充実した成果が、この新しいラフマニノフ・アルバムに結実しています。

■チェコ・フィル、C.ハーゲン・・・共演に世界的な音楽家を得て、深く、高く、大きく冴えわたる河村尚子のピアニズム
師クライネフからロシア・ピアニズムのエッセンスを伝承された河村のラフマニノフ解釈は華麗にして優美、俊敏でかつフレッシュ。「協奏曲の王者」であり、今や日本で最
も有名なクラシック曲であるピアノ協奏曲第2番は、2013年10月、プラハでの名門チェコ・フィルとの共演。
チェロ・ソナタは、オーストリアを代表するチェリストでハーゲン四重奏団のメンバー、クレメンス・ハーゲンと共演した2014年5月のドイツでのライヴ。
アニヴァーサリー・アルバムに、敢えて作品番号続きのこの2曲を1枚のアルバムにライヴで収録したいという河村の熱い思いが結実しています。
ラフマニノフの作品の中でも色彩的な前奏曲を加えることで、協奏曲・室内楽曲・独奏曲と1枚で「3度おいしい」アルバムとなっています。

[録音/DSD Recording]
1-3: 2013年10月9日~11日、チェコ、プラハ、ルドルフィヌム、ドヴォルザーク・ホールにおけるチェコ・フィル定期演奏会でのライヴ・レコーディング
4-9: 2014年5月30日~6月1日、ドイツ、エルマウ、エルマウ城コンサートホールでのライヴ・レコーディング
[プロデューサー]フィリップ・ネーデル
[エンジニア] マーティン・キストナー

■河村尚子・その10年の歩みが結実した、ラフマニノフ・アルバム
河村尚子のRCA Red Sealからの4枚目の、そして初の大曲コンチェルト録音を含むアニヴァーサリー盤の登場です。
2004年11月に小林研一郎指揮東京フィルとの共演で日本デビューして以来、この10年は河村がその音楽を開花させ、育ててきた『最初の10年』でした。
その密度の濃い10年の演奏経験の集大成にして、ピアニストとしての最も充実した成果が、この新しいラフマニノフ・アルバムに結実しています。

■チェコ・フィル、C.ハーゲン・・・共演に世界的な音楽家を得て、深く、高く、大きく冴えわたる河村尚子のピアニズム
師クライネフからロシア・ピアニズムのエッセンスを伝承された河村のラフマニノフ解釈は華麗にして優美、俊敏でかつフレッシュ。「協奏曲の王者」であり、今や日本で最
も有名なクラシック曲であるピアノ協奏曲第2番は、2013年10月、プラハでの名門チェコ・フィルとの共演。
チェロ・ソナタは、オーストリアを代表するチェリストでハーゲン四重奏団のメンバー、クレメンス・ハーゲンと共演した2014年5月のドイツでのライヴ。
アニヴァーサリー・アルバムに、敢えて作品番号続きのこの2曲を1枚のアルバムにライヴで収録したいという河村の熱い思いが結実しています。
ラフマニノフの作品の中でも色彩的な前奏曲を加えることで、協奏曲・室内楽曲・独奏曲と1枚で「3度おいしい」アルバムとなっています。

[録音/DSD Recording]
1-3: 2013年10月9日~11日、チェコ、プラハ、ルドルフィヌム、ドヴォルザーク・ホールにおけるチェコ・フィル定期演奏会でのライヴ・レコーディング
4-9: 2014年5月30日~6月1日、ドイツ、エルマウ、エルマウ城コンサートホールでのライヴ・レコーディング
[プロデューサー]フィリップ・ネーデル
[エンジニア] マーティン・キストナー