SONY
Print

Judas Priest

贖罪の化身―デラックス・エディション―

2014.7.23 ¥3,200(税込)

祝デビュー40周年!"メタル・ゴッド"として40年間ヘヴィ・メタル・シーンを牽引してきた重鎮中の重鎮、JUDAS PRIESTの通算17枚目、実に6年振りとなるニュー・アルバム『贖罪の化身/リディーマー・オブ・ソウルズ』。
"最後のワールド・ツアー"と銘打たれた「エピタフ・ツアー」(日本公演は12年2月)の発表後に、K.K.ダウニング(G)が脱退という衝撃ニュースが世界中を駆け巡り、一時は"メタル・ゴッドもついに終焉に向かってしまうのか!?"とファンをヤキモキさせたが、新加入のリッチー・フォークナー(G)の期待を遥かに上回るアグレッシヴかつテクニカルなプレイと、若かりし頃のK.K.を彷彿とさせる金髪の美形ルックスも相まって、ファンを納得させただけでなく、結果、40年以上のキャリアを誇る歴戦のバンドに新たな生命力を吹き込むことに成功したのだった。

そして『ノストラダムス』から6年、制作期間に約3年の年月を費やしたニュー・アルバムがついに完成した。前作は"メタル・オペラ"と銘打ったように、ストリングスやシンセ・ギターを取り入れるなどした重厚サウンドと組曲的な構成のJUDAS PRIEST史上最もコンセプチュアルで壮大な作風となったが、本作は徹頭徹尾"PRIEST流儀の王道ヘヴィ・メタル"に回帰している。

「この作品は"JUDAS PRIEST流ヘヴィ・メタル"の信念に対する我々の情熱を増強した作品に仕上がっている。我々がこれまで創造してきたものの最高水準のコンビネーションがここにはある。それは、怒涛のギター・リフとソロ、雷のように轟くドラム、骨太のベース・グルーヴ、そして全てを切り裂くようなヴォーカルだ」
- JUDAS PRIEST

JUDAS PRIESTが40年もの年月において貫いてきたヘヴィ・メタルの真髄とは何か?その完璧な答えがここに示されている。英国が世界に誇るブリティッシュ・ヘヴィ・メタル王者の強大無比の貫録、とくと知れ!

祝デビュー40周年!"メタル・ゴッド"として40年間ヘヴィ・メタル・シーンを牽引してきた重鎮中の重鎮、JUDAS PRIESTの通算17枚目、実に6年振りとなるニュー・アルバム『贖罪の化身/リディーマー・オブ・ソウルズ』。
"最後のワールド・ツアー"と銘打たれた「エピタフ・ツアー」(日本公演は12年2月)の発表後に、K.K.ダウニング(G)が脱退という衝撃ニュースが世界中を駆け巡り、一時は"メタル・ゴッドもついに終焉に向かってしまうのか!?"とファンをヤキモキさせたが、新加入のリッチー・フォークナー(G)の期待を遥かに上回るアグレッシヴかつテクニカルなプレイと、若かりし頃のK.K.を彷彿とさせる金髪の美形ルックスも相まって、ファンを納得させただけでなく、結果、40年以上のキャリアを誇る歴戦のバンドに新たな生命力を吹き込むことに成功したのだった。

そして『ノストラダムス』から6年、制作期間に約3年の年月を費やしたニュー・アルバムがついに完成した。前作は"メタル・オペラ"と銘打ったように、ストリングスやシンセ・ギターを取り入れるなどした重厚サウンドと組曲的な構成のJUDAS PRIEST史上最もコンセプチュアルで壮大な作風となったが、本作は徹頭徹尾"PRIEST流儀の王道ヘヴィ・メタル"に回帰している。

「この作品は"JUDAS PRIEST流ヘヴィ・メタル"の信念に対する我々の情熱を増強した作品に仕上がっている。我々がこれまで創造してきたものの最高水準のコンビネーションがここにはある。それは、怒涛のギター・リフとソロ、雷のように轟くドラム、骨太のベース・グルーヴ、そして全てを切り裂くようなヴォーカルだ」
- JUDAS PRIEST

JUDAS PRIESTが40年もの年月において貫いてきたヘヴィ・メタルの真髄とは何か?その完璧な答えがここに示されている。英国が世界に誇るブリティッシュ・ヘヴィ・メタル王者の強大無比の貫録、とくと知れ!