SONY
bryanferry_avonmore

Bryan Ferry

Avonmore

2015.1.21 ¥2,600(税込)

ロキシー・ミュージックのヴォーカリストにして、英国音楽界きっての伊達男=ブライアン・フェリーの通算14作目のスタジオ録音ソロ・アルバム『アヴォンモア』。
2012年のブライアン・フェリー・オーケストラ名義での作品『The Jazz Age』の発表、翌年のレオナルド・ディカプリオ主演『華麗なるギャツビー』のサウンド・トラックへの参加、ソロ作品としては前作『OLYMPIA』から4年振りとなり、今作にはジョニー・マー、ナイル・ロジャース、マーカス・ミラーらが全面参加、他にもフリー、ロニー・スぺクター、マーク・ノップラー、メイシオ・パーカーなど豪華ゲスト陣がアルバムに参加。オリジナル8曲に、スティーヴン・ソンドハイム「悲しみのクラウン」(「センド・イン・ザ・クラウン」)、ロバート・パーマー「ジョニー&マリー」の2曲のカヴァーを収録。より深みを増したダンディズムがアルバム全編を通して冴えわたっている。

ロキシー・ミュージックのヴォーカリストにして、英国音楽界きっての伊達男=ブライアン・フェリーの通算14作目のスタジオ録音ソロ・アルバム『アヴォンモア』。
2012年のブライアン・フェリー・オーケストラ名義での作品『The Jazz Age』の発表、翌年のレオナルド・ディカプリオ主演『華麗なるギャツビー』のサウンド・トラックへの参加、ソロ作品としては前作『OLYMPIA』から4年振りとなり、今作にはジョニー・マー、ナイル・ロジャース、マーカス・ミラーらが全面参加、他にもフリー、ロニー・スぺクター、マーク・ノップラー、メイシオ・パーカーなど豪華ゲスト陣がアルバムに参加。オリジナル8曲に、スティーヴン・ソンドハイム「悲しみのクラウン」(「センド・イン・ザ・クラウン」)、ロバート・パーマー「ジョニー&マリー」の2曲のカヴァーを収録。より深みを増したダンディズムがアルバム全編を通して冴えわたっている。