SONY
イン・ザ・ブルー・ライト:ジャケ写

Paul Simon

In the Blue Light

2018/9/7 ¥2,600(税込)

ポール・サイモンの新作『イン・ザ・ブルー・ライト』錚々たるミュージシャン達とのコラボと新アレンジによってポール・サイモンのお気に入りの10曲がクールに美しく、再び輝き始める。
「このアルバムに収められた曲は、僕にしてみれば "ほぼ正しい" と思える、一度目は見過ごされてしまった、ちょっと変わった曲の数々だ。アレンジをやり直し、ハーモニーの構造を見直し、曖昧だった歌詞を書き換えることで僕自身、頭の整理ができた。自分は何を言いたかったのか、その当時、何を考えていたのか。そうして、より分かりやすいものに生まれ変わらせることができたんだ」
~ポール・サイモン 2018年7月
伝説的ソングライター、レコーディング・アーティスト、パフォーマー、ポール・サイモンが14枚目となるスタジオ・アルバム『イン・ザ・ブルー・ライト』をリリースする。サイモンと共にプロデュースに当たるのは、六十年代以来の盟友ロイ・ハリー。無類の作品群から、本人がお気に入りの(有名曲とは言えないかもしれぬ)10曲が錚々たるミュージシャン達の力を借り、新たな解釈を加えられる。
レパートリーを見直し、その中からサイモンが選んだのは『ひとりごと』(1973)『時の流れに』(1975)『ワン・トリック・ポニー』(1980)『ハーツ・アンド・ボーンズ』(1983)『リズム・オブ・ザ・セインツ』(1990)『ユー・アー・ザ・ワン』(2000)『ソー・ビューティフル・オア・ソー・ホワット』(2011)に収録されていたナンバーだ。新しいアレンジとコラボレーションにより、今新たに蘇る歌の数々。『イン・ザ・ブルー・ライト』でサイモンと共演するミュージシャンの一部を紹介すると、ジャズ・トランペット奏者のアイコン、ウィントン・マルサリス、ギタリストのビル・フリゼール、ドラマーのジャック・ディジョネットとスティーヴ・ガット。ニューヨークを拠点とするチェンバー・アンサンブル・セクステットのyMusicと共演した「キャント・ラン・バット」と「犬を連れたルネとジョルジェット」の2曲は、現在サイモンが行なっている"ホームワード・バウンド~最後のツアー"のステージでも披露され、鳴り止まぬ拍手喝采を浴びるハイライトの一つだ。

ポール・サイモンの新作『イン・ザ・ブルー・ライト』錚々たるミュージシャン達とのコラボと新アレンジによってポール・サイモンのお気に入りの10曲がクールに美しく、再び輝き始める。
「このアルバムに収められた曲は、僕にしてみれば "ほぼ正しい" と思える、一度目は見過ごされてしまった、ちょっと変わった曲の数々だ。アレンジをやり直し、ハーモニーの構造を見直し、曖昧だった歌詞を書き換えることで僕自身、頭の整理ができた。自分は何を言いたかったのか、その当時、何を考えていたのか。そうして、より分かりやすいものに生まれ変わらせることができたんだ」
~ポール・サイモン 2018年7月
伝説的ソングライター、レコーディング・アーティスト、パフォーマー、ポール・サイモンが14枚目となるスタジオ・アルバム『イン・ザ・ブルー・ライト』をリリースする。サイモンと共にプロデュースに当たるのは、六十年代以来の盟友ロイ・ハリー。無類の作品群から、本人がお気に入りの(有名曲とは言えないかもしれぬ)10曲が錚々たるミュージシャン達の力を借り、新たな解釈を加えられる。
レパートリーを見直し、その中からサイモンが選んだのは『ひとりごと』(1973)『時の流れに』(1975)『ワン・トリック・ポニー』(1980)『ハーツ・アンド・ボーンズ』(1983)『リズム・オブ・ザ・セインツ』(1990)『ユー・アー・ザ・ワン』(2000)『ソー・ビューティフル・オア・ソー・ホワット』(2011)に収録されていたナンバーだ。新しいアレンジとコラボレーションにより、今新たに蘇る歌の数々。『イン・ザ・ブルー・ライト』でサイモンと共演するミュージシャンの一部を紹介すると、ジャズ・トランペット奏者のアイコン、ウィントン・マルサリス、ギタリストのビル・フリゼール、ドラマーのジャック・ディジョネットとスティーヴ・ガット。ニューヨークを拠点とするチェンバー・アンサンブル・セクステットのyMusicと共演した「キャント・ラン・バット」と「犬を連れたルネとジョルジェット」の2曲は、現在サイモンが行なっている"ホームワード・バウンド~最後のツアー"のステージでも披露され、鳴り止まぬ拍手喝采を浴びるハイライトの一つだ。