SONY
ATAK022 Live in Paris

渋谷 慶一郎

ATAK022 Live in Paris(FLAC)

2015.7.22 ¥3,200(税込)

現在の活動拠点のひとつであるパリのシャトレ座でソロ・コンサートを行った渋谷慶一郎。「初音ミク主演のオペラ」として世界的な成功を続けるボーカロイド・オペラ「THE END」のピアノとコンピュータによる「ミクなし」ヴァージョン、渋谷の名前を広く一般に知らしめたドラマ「SPEC」のピアノソロによるライヴヴァージョン、世界的な現代美術家・杉本博司とのコラボレーションによる楽曲などポップからエクスペリメンタルを横断する幅広い楽曲群を収録したこのアルバムは渋谷慶一郎の「最新の代表作」となるだろう。
本作は「for maria」以来となるDSDのオーソリティ、オノセイゲン氏を迎えて完成した。「for maria」が渋谷にとって大きな転機だったとしたら、このアルバムは単なるライヴ盤とは異なる、大きな転機の再来となるだろう。「THE END」の衝撃を超えてピアノと電子音がここまでの密度と解像度で融合した作品は未だ存在しない。

FLAC|96.0kHz/24bit

現在の活動拠点のひとつであるパリのシャトレ座でソロ・コンサートを行った渋谷慶一郎。「初音ミク主演のオペラ」として世界的な成功を続けるボーカロイド・オペラ「THE END」のピアノとコンピュータによる「ミクなし」ヴァージョン、渋谷の名前を広く一般に知らしめたドラマ「SPEC」のピアノソロによるライヴヴァージョン、世界的な現代美術家・杉本博司とのコラボレーションによる楽曲などポップからエクスペリメンタルを横断する幅広い楽曲群を収録したこのアルバムは渋谷慶一郎の「最新の代表作」となるだろう。
本作は「for maria」以来となるDSDのオーソリティ、オノセイゲン氏を迎えて完成した。「for maria」が渋谷にとって大きな転機だったとしたら、このアルバムは単なるライヴ盤とは異なる、大きな転機の再来となるだろう。「THE END」の衝撃を超えてピアノと電子音がここまでの密度と解像度で融合した作品は未だ存在しない。

FLAC|96.0kHz/24bit