SONY
sanomotoharu-no damage

佐野 元春

No Damage

2014.4.1 ¥3,200(税込)

佐野元春のデビューから3年間の集大成的セレクションアルバム

初期の代表作品・名曲を、ひとつのコンセプトのもと選曲し構成した全14曲は、
現在と未来のリスナーへの、希望と警鐘を込めた佐野元春のメッセージである。

1983年5月、佐野元春が新たな音楽創作追求のための渡米直前にリリースされ、アルバムチャートで自身初の1位を獲得。
収録曲にはデビューからの3枚のアルバムと、1982年発表の「NIAGARA TRIANGLE VOL.2」(大瀧詠一・杉真理・佐野元春)の中から、
ひとつのコンセプト・ストーリーに合わせて14曲を選曲、一部の楽曲を再レコーディング・再編集するなど、
当時はまだ概念として確立していなかった「コンピレーション・アルバム」とも呼ばれていた。
発表から30年後の現在、収録の14曲すべてがポップ・ミュージックのスタンダードとして、時代・世代を超えて愛され続けている。

今回、各収録曲のオリジナル・アナログ・トラックダウン・マスター・テープからハイレゾリューション用に新たにリマスタリング。
マスタリングは、現在多くのアーティストの代表作品を手掛け、佐野元春作品も数多く担当されている、バーニー・グランドマン・マスタリングの前田康二氏が担当。

佐野元春のデビューから3年間の集大成的セレクションアルバム

初期の代表作品・名曲を、ひとつのコンセプトのもと選曲し構成した全14曲は、
現在と未来のリスナーへの、希望と警鐘を込めた佐野元春のメッセージである。

1983年5月、佐野元春が新たな音楽創作追求のための渡米直前にリリースされ、アルバムチャートで自身初の1位を獲得。
収録曲にはデビューからの3枚のアルバムと、1982年発表の「NIAGARA TRIANGLE VOL.2」(大瀧詠一・杉真理・佐野元春)の中から、
ひとつのコンセプト・ストーリーに合わせて14曲を選曲、一部の楽曲を再レコーディング・再編集するなど、
当時はまだ概念として確立していなかった「コンピレーション・アルバム」とも呼ばれていた。
発表から30年後の現在、収録の14曲すべてがポップ・ミュージックのスタンダードとして、時代・世代を超えて愛され続けている。

今回、各収録曲のオリジナル・アナログ・トラックダウン・マスター・テープからハイレゾリューション用に新たにリマスタリング。
マスタリングは、現在多くのアーティストの代表作品を手掛け、佐野元春作品も数多く担当されている、バーニー・グランドマン・マスタリングの前田康二氏が担当。