SONY
Sea and The Darkness

Galileo Galilei

Sea and The Darkness

2016.1.27 ¥3,200(税込)

前作「ALARMS」から約2年ぶり、4作目となるフルアルバム「Sea and The Darkness」が完成。今作には、「恋の寿命」、「嵐のあとで」、「クライマー」など、今年リリースされたヒットシングルも収録。さらに、人気シンガー"Aimer"をゲストヴォーカルに迎え、50'sポップスとオルタナティブロックが掛け合わせ作られた「ベッド」も収録。

メンバーの自宅ガレージ兼遊び場である"わんわんスタジオ"を中心に、バンド自らのプロデュースでレコーディングされた今作には、アークティック・モンキーズ、The 1975等のプロデュースで世界的に知られるMike Crosseyと、Coldplayの"Viva La Vida"を手掛けたJohn O'Mahonyがミックスエンジニアとして参加。さらに、数々の名作を手掛けるGreg Calbiをマスタリングエンジニアに迎えるなど、サウンドへの並ならぬこだわりも感じさせる。

ボーカルの尾崎雄貴曰く「"誰もが持つ心の暗闇"や"恐怖"そして"死"をテーマに曲を書いていたら、僕たちの孤独を表現するのにぴったりなアルバムが出来てしまった」という。

これまでの作品同様、メンバー自身のディレクションによる、こだわり抜かれた"Steadfast Stanley"とのコラボレーションによるアートワークにも注目。

【タイアップ】
「恋の寿命」:
TVアニメ「まじっく快斗1412」エンディングテーマ

「嵐のあとで」:
映画『台風のノルダ』主題歌

「クライマー」:
TVアニメ「ハイキュー!! セカンドシーズン」エンディングテーマ

前作「ALARMS」から約2年ぶり、4作目となるフルアルバム「Sea and The Darkness」が完成。今作には、「恋の寿命」、「嵐のあとで」、「クライマー」など、今年リリースされたヒットシングルも収録。さらに、人気シンガー"Aimer"をゲストヴォーカルに迎え、50'sポップスとオルタナティブロックが掛け合わせ作られた「ベッド」も収録。

メンバーの自宅ガレージ兼遊び場である"わんわんスタジオ"を中心に、バンド自らのプロデュースでレコーディングされた今作には、アークティック・モンキーズ、The 1975等のプロデュースで世界的に知られるMike Crosseyと、Coldplayの"Viva La Vida"を手掛けたJohn O'Mahonyがミックスエンジニアとして参加。さらに、数々の名作を手掛けるGreg Calbiをマスタリングエンジニアに迎えるなど、サウンドへの並ならぬこだわりも感じさせる。

ボーカルの尾崎雄貴曰く「"誰もが持つ心の暗闇"や"恐怖"そして"死"をテーマに曲を書いていたら、僕たちの孤独を表現するのにぴったりなアルバムが出来てしまった」という。

これまでの作品同様、メンバー自身のディレクションによる、こだわり抜かれた"Steadfast Stanley"とのコラボレーションによるアートワークにも注目。

【タイアップ】
「恋の寿命」:
TVアニメ「まじっく快斗1412」エンディングテーマ

「嵐のあとで」:
映画『台風のノルダ』主題歌

「クライマー」:
TVアニメ「ハイキュー!! セカンドシーズン」エンディングテーマ